\お金借りるおすすめ1位/

トップページ > 青森県

「一刻も早くお金が必要!」
「予想外の出費ですぐにでも借り入れしたい」

当サイトでは青森県で即日でお金借りる方に、人気の即日融資をご紹介しています。即日お金借りたいなら、即日審査・即日融資に対応している大手消費者金融が最短1時間融資可能なのでおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日でお金借りる

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「会社にバレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な方へ。スマホ完結のネット審査は誰にも見られずに申し込みすることができます。家族や身内にバレないように郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

中小貸金業者一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中小貸金業者の一覧になります。
大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

お金を借りるためのコラム

借入れには利用できる枠が決まっていて、それを決める基準となるのがその人の収入額であるというのが、一般的です。ですから、高収入であればあるほど、利用できる額は大きくなり、多くの金額をキャッシングすることが出来るのです。ですが、借入れ元となる会社によって、その基準の決め方が異なるので、気をつけた方がいいでしょう。キャッシングと聞けば、カードローンと同じ意味合いだと思いがちですが、返済方法が異なります。一括で返済をするという目的でクレジットカードを使い現金を下ろすのがキャッシングで、分割払いが希望だという時はカードローンといいます。カードローンは毎月の返済は簡単ですが、利息がかかってきますし、どちらにしても延滞の際には注意をしなければなりません。クレジットカードを利用して、借金するのをキャッシングと言っています。キャッシングの返済方法というのは基本的に翌月一括で返す場合が多くなっています。一括で返済すれば、ほとんどが無利息ですし、急にお金が必要になっても対応が可能ですから、賢く使っている人が増えています。月一回、カードローンの返済をするか、もしくは、借入をした業者側の決めた周期に従い、返済していきます。万が一、支払に遅れが出てくると、それがたった一回でも信用情報として記録が残ってしまいます。ローン契約では、毎回必ず今までの返済を遅れずに行えているかチェックされるので、返済できないことがあったと発覚したら、他のローンを利用しようとしてもできないことが多いです。キャッシングやカードローンの契約は超スピードで終わってしまい、以前を知る人は驚きを感じるでしょう。なんといっても、手続きから融資終了までのすべての手続きをインターネットだけで出来てしまうウェブ完結があるので、24時間いつでもできて、家から一歩も出ずに融資が受けられるなんていうのも普通という感じです。必要書類を送付する方法ですが、写真に撮ったりスキャナでスキャンしたものをアップロードするか、メールに画像添付するといった方法は各社共通のようです。お金が必要なことになりキャッシングしたいと思った場合でも私は債務整理中だからお金は借りられないと諦めてしまっている人も多いと思いますが、諦めるのはまだ早いかもしれません。きちんと調べてみると債務整理中の身であってもお金を貸してくれる金融機関はあります。諦めてしまう前に探してみるといいでしょう。ブラックリストに名前が載ってしまったあとでも、お金を貸してくれる会社があります。とは言っても、知名度の高い老舗金融業者や銀行などではブラックの人が審査に通る可能性は限りなく低いので、そのあとに控えている規模の小さい会社が受け皿となります。脅かすわけではありませんが、そういった金融業者は名前で評価されることがないので利用者にとってブラックな会社であるケースが多いようです。借り方、返し方次第では大丈夫かもしれませんが、注意が大事でしょう。わたしたちが日々関わっている金融機関によって各々借りることができる最大限の金額が違い、小規模な取り引きやその日限定の融資だけでなく、300万円から500万円など数百万にも及ぶほど大きな融資も手軽に利用することが可能な時代となりました。店頭やネットなどで申し込みをしてから融資までの時間が短く、すぐにでも必要な分のお金を手に入れることが可能なので使い勝手が良いと考えている人も多くいます。借り入れしたい金融機関が発行している専用のカードを利用するというのが一般的な方法と言えるでしょう。少額だけキャッシングしたいけれど、キャッシングが行える一番少ない金額は、いくらぐらいからなんだろう、と考える人も多いと思います。答えは一般的に個人への融資におけるキャッシングの最低額は、1万円からということになっておりますが、千円単位からのキャッシングを行っている金融会社もあったりします。本人とは異なる名義でカードローンの契約を結ぶことは禁じられています。契約する人の名義で契約をすることが求められます。仮にそれが配偶者の収入を支払いに充てるつもりの専業主婦であっても同じことで、契約の際には妻本人を名義人としなくてはなりません。本人の責任においてローンの支払いをしなくてはなりません。仮に親兄弟や配偶者間の場合でも、本人以外の名義を使って契約を結んだ場合には罪に問われることになります。その行為を容認していた場合、名義を貸す行為も違法行為とされてしまいます。

おすすめ1位のプロミス